東京–(BUSINESS WIRE)–(ビジネスワイヤ) — 森ビル株式会社が推進する「虎ノ門・麻布台プロジェクト」と「虎ノ門ヒルズエリアプロジェクト」が、米国グリーンビルディング協会(USGBC)による国際環境性能認証制度「LEED(Leadership in Energy & Environmental Design)」のエリア開発を対象とした「ND(Neighborhood Development)」カテゴリーにおいて、最高ランクのプラチナ予備認証を取得しました。なお、「虎ノ門・麻布台プロジェクト」によるNDカテゴリーのプラチナランクの取得は、都内初の事例となります。 加えて、「虎ノ門・麻布台プロジェクト」のA街区と、「(仮称)虎ノ門ヒルズステーションタワー(A-1街区)」が、人々の健康やウェルネスに建物が及ぼす影響に着目した「WELL(WELL Building Standard)」の予備認証を取得しました。竣工後には最高ランクのプラチナ認証を取得する見込みです。 なお、「虎ノ門・麻布台プロジェクト」のA街区は、予備認証取得済の物件として世界第1位の登録面積とな